Return
to
Top

ABCRアスレティッククラブについて

 

市民アスリート(非実業団・非プロ)が「陸上競技」を継続しやすい環境を整備し、マスターズ陸上競技界を盛り上げることで、生涯スポーツとしての陸上競技を身近なものにし、将来的に陸上競技界全体を活性化させることを目的として活動して行きます。

 

特に現状、競技を継続するための選択肢が非常に限られる女性アスリートのための練習環境・競技継続環境を整備し、誰もが生涯にわたって陸上競技に親しみ続けられる環境、いつでも・いつからでも障壁無く陸上競技に取り組める環境を作ります。

 

また、諸々の事情で実業団やプロとして競技を継続出来なかった優秀な人材を発掘・育成しつつ、 それらの選手がジュニア世代の育成も担うことで、一貫型・循環型のクラブチームとして末永く陸上競技界へ貢献し続けられる仕組みを作ります。

 

コーチからのトップダウン指導ではなく、選手が自ら競技力向上を目指して日々トレーニングに励む中で、各専門分野のエキスパートが必要に応じて連携しながら選手をサポート出来る体制を作ります。

 

陸上競技が中心でありながら、現在未だスポーツ医科学的研究の未開な領域の競技特性や課題の解明を急ぎ、また「走る」という分野で活躍出来る多様な人材を育てて行くために、「ウルトラマラソン」「トレイルラン」等といった分野も併せたチームと致します。

 

マスターズ陸上競技について

"マスターズは、ベテランズとも言われ、その道に秀でた人、概して人生の熟練者(経験者)です。男女共に35歳以上であれば、競技成績に関係なく会員になれ、生涯楽しく同年代の人々と競技ができます。5歳刻みであるため、5年毎にクラス別 の最若手となり記録更新・上位入賞のチャンスもあります。また、全日本大会に出場できます。アジア・世界大会へは(M35以上、W35以上)であれば出場できます。日本マスターズでは、18歳(高校卒業・学連登録者を除く)から、入会できます。気楽に得意とする競技種目を変えて新しいチャレンジも可能です。誰でも気楽に「競技記録志向」もよし「健康管理」もよし、「仲間作りの機会」でも又はこれらの混合型でも、誰にも強制される事もなく自分の体力と人生観に従って競技を楽しめます。"

(公益財団法人日本マスターズ陸上競技連合ホームページより引用)

上記引用の通り、各年代毎にクラスが分かれ、その中で自己の記録に挑戦したり同世代の選手と競い合うことの出来る場。それが

「マスターズ陸上」

です。

生活環境の変化や身体の衰え等によって、学生時代と同じような状態で競技に取り組む事が徐々に困難になって行きます。

しかしその中でも「陸上競技」を生涯続けたいという想いはあって然るべきです。その点で他のスポーツと違うこともなければ、また、「ランニング」を生涯続けることが出来るのであれば、「陸上競技」もまた、そういった風潮や環境が当たり前のものになりさえすれば、生涯スポーツとして取り組み続けることが出来るのではないかと思います。

「ランニングブーム」と言われるようになって久しい今、ランニングに非常に近いスポーツである陸上競技の魅力を「"たまに"見るスポーツ」 としてだけではなく、「"親しみを持って"見るスポーツ」「するスポーツ」としても発信し、気軽に取り組むことが出来る環境を作りたい。

そんな想いを原点として、ABCRアスレティッククラブは生まれました。

しかしながら、「陸上競技」単体を追い求めるのもまた、それはそれで魅力を欠くものだと思います。

せっかくなら、「ランニング」や「トレイルランニング」、「ウルトラランニング」等、陸上と隣り合う様々なスポーツを楽しめる場にしたいと、そしてそれを、様々なレベルやモチベーションの方々それぞれが、生涯健康で続けて行けるための手助けが出来る場にしたいと、そんな想いとミッションを実現出来るよう、様々な取り組みを続けて参ります。